子育て・音楽・映画を中心とした家族ブログです!

【マウスピース矯正】実はインビザライン以外にも種類があるのでまとめてみた!

コスメ

こんにちは!グミミです!

以前、インビザラインというマウスピース矯正の記事をいくつか書きましたが、マウスピース矯正はインビザラインだけではなくて実は他にもいくつか種類があります!

代表的なものはインビザラインですが、他の会社が作っているマウスピース矯正も気になったので調べてみました!

矯正期間や値段なども比較していきたいと思います!ぜひ最後まで見てください!

 

スポンサーリンク

スターアライン

以前私が働いていた歯科医院ではこのスターアラインというマウスピース矯正を扱っていたので、インビザライン以外だとスターアラインだけ知っていました。

インビザラインとの違いについて次のようになっています!

スターアラインは日本製

インビザラインとのいちばんの違いはここだと思います。以前の記事にも書いていますが、インビザラインは海外で作られているものなので発注からマウスピース完成までやや時間がかかってしまいます。

スターアラインは岩渕製薬の子会社のテクノハが提供しているマウスピース矯正ブランドです。日本製なので、割れてしまったなどの急なトラブルの場合でもスピーディーに対応できます。

 

定額料金制

定額だったのは私も知りませんでした!もしもマウスピースが割れてしまったり、紛失してしまった場合でも追加料金なしで再度作成することができます。

ただ、定期的な来院がなく適切な治療ができない、装着時間が短くて治療が一向に進まない場合は追加の費用が発生する可能性があるので注意です!

 

3ヶ月に1度のリカバリーが可能

装着時間の短さや個体差などで治療が計画通りに進まない場合があります。スターアラインでは3ヶ月に一度再設計を行うシステムを取っています。計画からずれてしまった場合もリカバリー可能です。

ケースによってはリカバリーが難しく治療が伸びてしまったり、最終的なゴールのイメージが変化することもあります。

マウスピースの形の違い

インビザラインは歯茎ギリギリのラインから歯茎から数ミリ離れた形のマウスピースになっています。若干ものによってはバラつきがありますが、進めていくうえで問題はとくにないので気にはならないです。

スターアラインのマウスピースは歯の上まで覆う形に作られています。ちょっとした違いですがどちらも透明でピッタリはまるものなので、見た目の違いはほとんどありません。

形の違いはそれほど気にする点ではないかな、と思います。

 

 

スターアラインも交換期間はインビザライン同様に1〜2週間です。子どもの歯並びにも対応しているところもインビザラインと同じでした!

取り扱っている歯科医院も増えてきているのでスターアライン公式サイトで確認することができます。

 

アソアライナー

こちらは名前だけ聞いたことがあったので、インビザラインとどんな違いがあるのかを比較していきます!

 

対応できる症例が少ない

インビザラインにも出来ない症例はありますが、ほとんどは対応することが出来ます。

それに対してこちらのアソアライナーは

・奥歯の噛み合わせに問題はないけど前歯部の歯列不正の方

・矯正後の後戻りの治療

・歯の隙間の閉鎖

 

に限定されています。

簡単にまとめると、前歯に隙間が空いていて気になる、前歯がガタガタしてるのが気になる、下の前歯だけもしくは上の前歯の歯並びを直したい、矯正は終わったけど戻ってきてる気がする

という方向けのものになっています。意外と、前歯の隙間を埋めたい、歯並びが気になるけど矯正するほど?と気にしている方が多いので、そういった方にこんなのもあるよ!と知って欲しいなと思います!

 

来院数が多い

インビザラインが6〜8週間に一度の来院に対して、アソアライナーは月に1度来院しなければいけません。

インビザラインは一度にすべてのマウスピースが出来上がってきますが、アソアライナーは治療のステージごとに歯型を取りマウスピースを作る必要があるため、来院の回数が増えるということです。しかし、その都度最適なマウスピースを作ることができるので、途中でマウスピースが合わなくなる心配も軽減されます。

来院回数は増えますがそれなりの理由がありました!納得です!

 

アソアライナーは部分的な矯正と後戻りに特化しているマウスピース矯正で、インビザラインやスターアラインとは対応できる症例が大きく違いますね!

アソアライナー公式サイト

 

キレイライン

これは最近インスタグラムの広告でよく見かけるのですが、マウスピース矯正とホワイトニングも一緒に出来てリーズナブル!といった感じの広告でした。気になったのでこちらも調べてみました!

 

予想以上の安さ

良いか悪いかは実際にやったわけではないのでなんとも言えませんが、

このキレイライン矯正の平均総額は10〜30万円。金額については後ほど書きますがインビザラインの平均総額は70〜100万円前後なので、破格のお値段です。

歯並びの状態によって金額が変わりますが、

 

軽度な歪み、がたつきがある場合で10〜15万円

軽度〜中度の歪み、がたつきがある場合で15〜20万円

中度以上の歪みやがたつきがある場合で20〜30万円

 

あくまで目安ですが金額はこのようになっていました。

おそらく別途で料金がかかってくるところもあるとは思いますが一般的なマウスピース矯正よりかなり安く矯正することが出来ますね。

ホワイトニングも一緒にするのであれば、ホワイトニング用のジェルの料金も別でかかってくるのではないかと思います。

 

前歯を重点的に動かす矯正方法

上下の前歯12本を重点的に動かして矯正していく方法であり、歯全体を動かして矯正するというわけではないので費用が安く抑えられるということのようです。場合によっては奥歯も移動させることもあるようですが、見える範囲メインの矯正を行なっているといった印象です。

 

これは私個人の感想ですが、確かに前歯は笑ったり口を開けたりするいちばん目に付く部分です。ただ、矯正するのであれば見た目だけではなくて全体の噛み合わせやバランスなども見た目と同じくらい気にかけてほしいかな、と感じます。

 

満足であれば途中でやめられる

本人が満足であれば治療途中だったとしてもやめることができる仕組みです。そのため、無駄な費用もかかることなく終わることができるのでお金の負担は軽くできるということです。

これはすごくいいように聞こえますが、自分の都合でやめてもいいよ!と言えるあたり結構無責任な感じが否めないです。

ホワイトニングであれば徐々に白くなっていくので自分が満足いく白さになったからやめる!というのはよくわかります。白さに関しては好みがあるので。

 

こんな感じでキレイラインはリーズナブルに矯正とホワイトニングが一緒にできる!というのがポイントのマウスピース矯正です!

他の矯正と比べると安価で手が出しやすい反面、見た目重視なのがちょっと気になる…

キレイライン公式サイト

金額の比較

紹介したマウスピース矯正の平均的な金額を比較して見たいと思います!

 

インビザライン

上下フルで矯正する場合だと70〜100万円です。

上のみ、下のみの部分的な矯正だと30〜40万円です。

インビザラインに限らず歯列矯正は保険適用外なので歯科医院によって金額は変わってくるかと思いますが、相場はこのくらいです。

スターアライン

上下フルで矯正する場合だと35〜60万円です。

上のみ、下のみの部分的な矯正だと20〜40万円です。

スターアラインは診断料が20000円かかり、診断後にスターアラインでの矯正を開始される場合この20000円は返金されます。やらない場合やマウスピース矯正が難しいと判断された場合は返金の対象外となります。

歯並びによって金額も変わってくるので60万円を越える場合もあります。

 

アソアライナー

アソアライナーは来院時にその都度歯型をとりマウスピースを作っていく仕組みなので、

一回の型取りに付き30000円前後です。上下型取りした場合は倍の60000円になります。

もともとアソアライナーは軽度の歯列不正の方を対象にしたマウスピース矯正なので回数が少なければそれだけ安く済ませることができます。

もしかすると上記の2つよりも費用を抑えて矯正できるかもしれません。

 

キレイライン

金額はすでに書いてありますが、症例によって10〜30万円です。ホワイトニングのジェル代は別料金です。

上下フルでこの金額なので他のマウスピース矯正と比べると安価ではあります!

別で金額がかかることもあると思いますが、それでも安いと思います。

 

まとめ!

インビザライン以外のマウスピース矯正をいくつか紹介してみました!

いちばん有名なのはインビザラインですが、歯並びによっては他のマウスピース矯正のほうが向いていたり費用が抑えられることもあるので検討中の方の役に立てると嬉しいです!

正直キレイラインは微妙かなぁ、と思いました。前歯中心に直したいのであればアソアライナーの方が信頼できそうです。

 

また歯に関する記事を書きたいと思います!

それではグミミでした!

 

 

 

コスメ
夢見がちな人!シェア!
夢見るこめつぶファミリーをフォローする
スポンサーリンク

▼今なら3ヵ月無料▼

期間限定6/16 ( 5/11より期間延長) まで!


▼オススメのおこづかい稼ぎ▼

 
夢見るこめつぶファミリー

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました