子育て・音楽・映画を中心とした家族ブログです!

ラジオドラマが大好きなんだ!何故こんなに好きなのか!?真剣に考えてみた。聴き逃しサービスやダウンロードの方法!

映画・ドラマ・アニメ
こんにちは。コメ太郎です。
突然ですが、ウチは夫婦そろってラジオドラマが大好きです!
お気に入りのラジオドラマは100回以上聴いてるし、寝る時もラジオドラマを垂れ流して寝るってこともあります。おまけに、聴きまくったお気に入りのラジオドラマはセリフも覚えてしまうので、よく登場人物のモノマネをするっていう内輪ネタも発生します。
どう?気持ち悪いでしょ!?(笑)
でもね、きっと聴きだしたら止まらなくなる人いると思うんだよね。
僕は小学校の時に「ラジオドラマ」と出会いました。かれこれ20年近くなると思う。
グミミさん(妻)はラジオドラマ歴3年くらいかな?僕が紹介したらハマりました。
今まであんまり気にしたことなかったけど、どのくらいの人がラジオドラマ聴いているんだろう?
ちょっと気になったので、「ラジオドラマ」のどこが良いのか、僕なりに徹底的に考えてみたのでよかったら読んでください。
きっと、10人に1人くらいは分かってくれると思う。
スポンサーリンク

ラジオドラマって?

 

音声のみのメディア(主にラジオ放送)上で制作および発表されるドラマのことである。放送劇(ほうそうげき)、オーディオドラマサウンドドラマ声劇(せいげき)とも。

引用: ウィキペディア(Wikipedia)
要するに、オーディオだけで成り立つ映画みたいなもんです!
小説と映画の間みたいな感じです!
僕が普段聴いているのは主に二つです。
  • 「FMシアター」
  • 「青春アドベンチャー」

どちらもNHK-FMで聴くことができます。

出典:NHK-ラジオ らじる★らじる

ラジオドラマの何が良いかって?

映画と小説の間なところ!

ラジオドラマの良さは、映画と小説の間みたいなところ!です。
映画みたいなところ
  • 登場人物の言葉からニュアンスが伝わる
  • BGMや風景音から想像が掻き立てられる
小説みたいなところ
  • 感じ方は十人十色(一人として同じ映像が浮かんでいることはないのだ)
こんな感じで、映画と小説のちょう良いところを表現してくれるんです。
作品中に流れてくるBGMとかホント大好き。あと、夏のセミの音とかね。
ヒーリングミュージックってあるじゃないですか。僕にとってはあれにちょっと近いかなと思います。
しかしですよ!それでいて、イメージしている映像は皆違うってところもいいんですよ!そこは小説と似ています。
どんな顔の主人公?どんな感じの場所?とか、聴き終わった後に感想を話し合ってみると、案外違うもんなんですよね。そういう十人十色の世界がラジオドラマにはあるんです。
小説読んで、映画化されたときに、
「これじゃない!!!」
ってなったことありませんか?
そんな感じで、自分の頭の中の世界ってすごく大事ですよね。
グミミ
グミミ

お互いに、聴いたラジオドラマの場面を絵で描いてみたこともあったね。

コメ太郎
コメ太郎

全然違うイメージだったよね。

本を読んだり、映画を観るきっかけになる

ラジオドラマって、基本的にそんな長くないんです。
FMシアター:1話完結(約50分)
青春アドベンチャー:だいたい10話完結(約15分/話)
ざっくりこんな感じです。
なので、さらっと聴くことができますし、多少省かれたりしているところもあったりします。
なので、ラジオドラマを聴いて、「これいい話だったなー」って思ったら、小説買ってみよ!ってなったりします。ラジオドラマでは語られなかったところとかあったりして面白いんです。
これって、新しい出会いのきっかけだなと思うんですよ。
映画化されているような有名な作品も、ラジオドラマになっていたりするので、映画版との違いを楽しむこともできます。
こんな感じで、「本」「映画」「ラジオドラマ」といういろんな形で物語を楽しむことで、もっとその物語が好きになったりします。

こんなときに聴くと良いよ!

僕のオススメの聴き方を勝手にご紹介したいと思います!

寝る前に聞かないと寝れない時がある

部屋を暗くして、想像力が沸く環境を作りましょう!一番最適だと思うのが「寝る前」です。ベッドに入って暗く静かな環境で、ラジオドラマを聴くのは最高です。寝落ちしてしまうときもあるので、何日かに分けて聴き終わることもありますが、それもまた楽しみが残ってて良いですよ。
何度もやっていると、聴かないと寝れない日が出てきます!笑
それだけ精神安定剤みたいな中毒性があると思います。

通勤中(特に帰り)に聴く

もう一つは、仕事帰りに車の中で聴きます。電車の方はイヤホンで聴いてくだせー。
仕事帰りはもう外は真っ暗ですよね。普通、ラジオとか聴いていると思うんですけど、そこをもう一つディープにラジオドラマを聴いてみてください。
車に乗ってるのにドラマ1本観れちゃった!っていう謎の満足感を得られますよ!(笑)

聞き逃しにも対応しているよ!(NHK-ラジオ らじる★らじる)

僕が好きな「青春アドベンチャー」と「FMシアター」の放送時間はこうなってます。
番組放送時間放送局
FMシアター 毎週土曜22時00分 – 22時50分NHK-FM
青春アドベンチャー毎週月曜 – 金曜 21:15 – 21:30NHK-FM

実際は、リアルタイムで聴くことはなかなかできていません。

ですがご安心を!

今あげた二つのラジオドラマは、「NHKラジオ らじる★らじる」で聴き逃しサービス対応しているんです!

聴き逃しサービスに対応している番組は、1週間の間「NHKラジオ らじる★らじる」で聴くことができますよ。

コメ太郎
コメ太郎

「青春アドベンチャー」も「FMシアター」も聞き逃し対応しているよ!

 

「NHKラジオ らじる★らじる」の聴き逃しサービスはこちら↓

「NHKラジオ らじる★らじる」公式 聴き逃しサービス

ラジオドラマのオススメの録音方法

さらに言えば、気に入ったラジオドラマは何度も聴き返したいもの。ということで、オススメのフリーソフトをご紹介しておきます!
聴き逃したラジオドラマをダウンロードするならこちら↓
このフリーソフトを使えば、PCでラジオドラマを録音しておくことができます!
しかも、「NHKラジオ らじる★らじる」の聴き逃しサービスにも対応しているので、録音可能期間内であれば、放送後に「らじれこ」を使ってダウンロードすることもできます!
グミミ
グミミ

便利な世の中だね

ちょっと気になっているオーディオドラマ

これまで、ラジオドラマについて熱く語ってきましたが、ラジオ以外にもオーディオドラマはいくつかありますので、気になっているもの2つをご紹介しておきます。

Podcastの番組でオーディオドラマを聴く

出典:Apple Inc.
Podcastにある番組の中には、オーディオドラマを制作している人もいます。もしかしたら、お気に入りの作品に出会えるかも!?っと思って今探っているところです。
ちなみに、Podcastとはこんな感じのサービスです。
インターネット上で音声や動画のデータファイルを公開する方法の1つであり、オーディオやビデオでのウェブログ(ブログ)として位置付けられている。インターネットラジオ・インターネットテレビの一種である。
引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コメ太郎
コメ太郎

“iPod”と”broadcast”を掛け合わせた造語だよ!

Podcastの専用アプリをつかって、さまざまなオーディオエピソードや番組を無料で視聴することができます。
  • iOSには「Podcast」というアプリが標準でついてきます。
  • AndroidにもPodcastアプリがあるそうです。(調べていません。すみません。)
  • 「iTunes」(Win版/Mac版)などのアプリがあれば、PCでもPodcastを楽しめますよ。

オーディブルというAmazonのコンテンツがある

出典:Audible Inc.
今かなり気になっているのがこのサービス!
名作やベストセラーをプロの朗読で聴くことができるという!
コメ太郎
コメ太郎

プロの朗読でホラー小説とか聴きたい!

月額1,500円(税込)で、お得な会員特典や会員向けコンテンツが楽しめるようです。
30日間の無料体験(Amazonアカウントが必要)もできるということなので、近いうちに試してみたいです!

まとめ

こんな感じで、映画やドラマがいろんな形で楽しめるようになったように、実はラジオだってめっちゃ良いっていうことをお伝えしたくて記事にしました。少しでも共感してくれる人がいると良いなと思ってます。
ざっくりまとめると
  • ラジオドラマの魅力は「小説」と「映画」の中間で、十人十色の世界が作れるところ!
  • インターネットを使えば、自分の好きな時に聴くことができる!
  • ラジオ以外にも気になるコンテンツがめっちゃある!
といった感じです。
コメ太郎
コメ太郎

ラジオドラマってニッチなジャンルだと思うけど、新しい世界を開拓したいという人はぜひ!!オススメです!!

そんな感じで、またー。

コメント

  1. ユウバル より:

    懐かしいです!
    今後も楽しみにしていますwww

    • kometarokometaro より:

      ユウバルさん!
      こんなラジオドラマ中毒者にお返事ありがとうございます!
      今もやってるんで聴いてみると結構いいですよ!
      このブログも、良ければまた見に来てやってください。

      コメ太郎

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました